看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

看護に役立つ疾患・症候事典

 

看護に役立つ疾患・症候事典

病態がわかる ケアがわかる

監修/永井 良三 東京大学教授

A5判/1658頁/定価10,260円(本体9,500円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1389-3
第1版/2008年 04月


●説明
疾患名・症候名で引く新しい事典

●臨床でよく出会う231の疾患・75の症候を網羅!
●看護学生から臨床ナースまで幅広く活用できる、簡潔かつ詳細な内容で構成!
●疾患の定義から疫学、病態、検査・診断・治療、看護まで、一連の流れがわかる!
●各項目の「情報収集のポイント」「ケアのポイント」で、重要事項が理解できる!
●各領域とも第一線の医療職者による執筆で最新の知見・知識を収載!
●目次
疾患編(数字は各領域の疾患数)

●呼吸器疾患14 ●循環器疾患13 ●腎疾患8 ●消化器疾患27 ●神経・筋疾患19 ●血液・造血器疾患9 ●内分泌疾患9 ●アレルギー疾患3 ●感染症10●膠原病および近縁疾患9 ●物理的原因による疾患2 ●皮膚疾患8 ●泌尿器疾患14 ●眼疾患9 ●耳鼻咽喉疾患8 ●歯・口腔疾患6 ●骨・関節疾患10 ●精神障害10 ●女性生殖器疾患16 ●小児疾患23

症候編(数字は各領域の症候数)

●全身の症候15 ●皮膚・粘膜の症候3 ●神経系の症候5 ●精神の症候5 ●頭頸部の症候13 ●四肢の症候5 ●胸部の症候9 ●腹部の症候10●腎・泌尿器の症候4 ●代謝系の症候1 ●生殖器系の症候3 ●整形外科的症候2

看護:情報収集のポイント・ケアのポイント

●「情報収集のポイント」で、各症状・症候で必要となる情報や逃してはならない情報が一目瞭然にわかります。
●「ケアのポイント」で、経験の多少にかかわらず必要な看護ケアがわかり、ケアの質の向上につながります。