看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

看護実践に活かす中範囲理論 第2版

 

看護実践に活かす中範囲理論 第2版

編著/野川道子(北海道医療大学看護福祉学部教授)

B5判/472頁/定価4,536円(本体4,200円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1612-2
第2版/2016年 10月

カートに入れる


●説明
立ち読み

患者理解や看護実践に活用できる中範囲理論の最新版!


中範囲理論は、健康問題に取り組む人々の心理や行動、患者・家族が体験する世界を理解したり、看護の必要性をアセスメントし適切な健康行動を促進したりするのに役立ちます。この中範囲理論を活用することにより、臨床における看護実践の質を高め、発展させていくことが期待されます。第2版では、「ヒューマンケアリング理論」「不快症状理論」「コンコーダンス」「レジリエンス」「リフレクション」の5つの理論を加え、24の理論を収載しました。本書は臨床の看護実践家はもとより、看護の初学者である学生や大学院生にもお勧めです。

本書の特徴
本書は中範囲理論を看護実践につなぐために、次の4つの特徴をもっています。
@研究者・教育者と実践者による共同執筆
A看護実践での用途という視点で取り上げた理論を網羅
B統一した構成で記述(理論との出合い、理論家紹介、理論誕生の歴史的背景、理論の説明、研究の動向、
 理論の看護実践での活用、臨床での活用の実際、理論を看護実践につなげるために)
Cアセスメントの枠組みを示し、それに沿った事例展開
●目次
第T章 看護における中範囲理論とは
1 看護理論の種類
2 中範囲理論の特徴と分類

第U章 看護実践への活用
[看護のアセスメントと援助に関する理論]
1 セルフケア不足理論
2 カルガリー家族アセスメント/介入モデル
3 症状マネジメントの統合的アプローチ
4 不快症状理論
5 ヒューマンケアリング理論
6 協働的パートナーシップ理論
7 コンコーダンス
8 ノーバックのソーシャルサポートのモデル
[病気・障害・人生の体験を説明する理論]
9 病みの軌跡モデル
10 ヨシダの振り子理論
11 モースの病気体験における希望と苦悩の理論
12 危機的人生移行モデル
[危機・ストレス・不確かさの認知や対処に関する理論]
13 危機理論
14 ストレス・コーピング理論
15 病気の不確かさ理論
16 レジリエンス
[行動変容、行動強化に関する理論]
17 保健信念モデル 
18 トランスセオレティカルモデル(変化ステージモデル)
19 自己効力感
[認識の変容に焦点を当てた理論]
20 エンパワーメント
21 成人教育(アンドラゴジー)
22 リフレクション
[その他の理論]
23 健康関連スティグマ理論
24 peaceful end of life