看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

看護実践のための根拠がわかる小児看護技術

根拠がわかる看護技術シリーズ 

看護実践のための根拠がわかる
小児看護技術

編著/添田啓子(埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科)、鈴木千衣(佐久大学看護学部)、三宅玉恵(宮崎県立看護大学看護学部)、田村佳士枝(埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科)

B5判/400頁/定価4,212円(本体3,900円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1593-4
第2版/2016年 01月


●説明
立ち読み
●目次
第T章 小児看護の実践に向けて
小児看護の目的と小児看護技術/小児看護の実践に向けての考え方

第U章 小児看護技術の基本
コミュニケーション技術/遊びの援助技術/小児のプレパレーション/医療安全対策/病児を抱える家族に対する援助

第V章 小児の状態把握のための看護技術
観察/身体各部の測定/バイタルサインの見方

第W章 日常生活援助にかかわる看護技術
清潔/栄養/排泄/睡眠/感染予防/衣生活/環境の調整

第X章 検査・処置・治療に伴う看護技術
検体採取/導尿/浣腸/穿刺(骨髄穿刺,腰椎穿刺)/安全・安静確保の技術(運動抑制・固定の技術)/与薬/輸液/輸血/経管栄養/吸入/吸引/酸素療法/人工呼吸療法/罨法/ギプス/牽引/ストーマケア/救急蘇生法/モニタリング/特殊な保育環境(保育器)