看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

ナースが症状をマネジメントする! 症状別アセスメント

 

ナースが症状をマネジメントする!
症状別アセスメント

編著/塚本容子(北海道医療大学看護福祉学部教授)、石川倫子(石川県立看護大学附属看護キャリア支援センター准教授)、福田広美(大分県立看護科学大学看護学部教授)

B5判/338頁/定価3,672円(本体3,400円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1602-3
第1版/2016年 01月

カートに入れる


●説明
立ち読み

●救急や外来、訪問看護の場などでナースは、トリアージや緊急の判断を求められることがあります。ここで大事になるのが、患者の訴える症状やバイタルサイン、身体所見を読み解きながら患者の状態を推論していく思考過程=「臨床推論」です。この「臨床推論」の力が確実につきます。
●代表的な20の症状を取り上げ、その定義、トリアージ、症状を起こす疾患、健康歴の聴取(現症、症状の生活への影響、既往歴、家族歴、個人歴・社会歴、Review of System)、フィジカルアセスメント(手順、視診・聴診・打診・触診、その他のアセスメント)の方法と身体的所見の取り方を紹介しています。
●臨床推論トレーニングの事例から健康歴の聴取、フィジカルアセスメント、臨床推論の実際を学ぶことができます。
●目次
●第T章 症状アセスメントのための基礎知識
攻める問診:症状・症候から診断する/症状アセスメントにおける患者へのアプローチ/フィジカルアセスメントの基本技術           
●第U章 症状別アセスメント
意識障害/うつ(抑うつ状態)/嚥下困難/悪心・嘔吐/咳嗽/胸痛/血便/下痢・便秘/高血圧症/ショック/頭痛/排尿障害/発熱/複視/腹痛/浮腫/不整脈/発疹/めまい/リンパ節腫脹

[コラム] ABCD2スコア/妊娠と悪心/非消化器疾患が原因の嘔吐/嘔吐後の合併症/他