看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護技術2016年2月号

『月刊雑誌』2016年2月号
Vol.62 No2 通巻900号

看護技術2016年2月号

がん患者の リンパ浮腫ケア
編集協力/大西ゆかり(高知県立大学看護学部看護学科 助教)
在宅・外来がん化学療法 における 曝露予防策
編集協力/結城美智子(北海道大学大学院保健科学研究院 教授)
B5判/96頁/定価1,296円(本体1,200円+税8%)
401020


●説明
第1特集


がん患者の
リンパ浮腫ケア


編集協力/大西ゆかり(高知県立大学看護学部看護学科 助教)

 リンパ浮腫はがん治療に伴う後遺症であり,リンパ節郭清や放射線治療などに続発する.リンパ浮腫は,いったん発症すると治癒は困難であり,がん患者を悩ませる症状の一つである.軽度のむくみであれば,日常生活上多少の困難や不便を感じたとしても,通常の生活が可能である.しかし,むくみが不可逆性の段階へと進行し重症化すると,四肢の腫脹によるADL やQOL の低下をきたす.リンパ浮腫を完全に予防することはできないが,リンパ浮腫発症のリスクを少なくすることは可能であり,リンパ浮腫の重症化を防ぐことが,がん患者のQOL の維持・向上につながる.そのためには,リンパ浮腫が可逆性の段階に,適切な治療を開始することが重要である.
 本特集では,がん患者に対するリンパ浮腫ケアについて概説するとともに,特にリンパ浮腫発症のリスクがある患者への予防的ケアと患者教育について解説する.

Part1 リンパ浮腫とは/小川佳宏

Part2 リンパ浮腫を有する人の理解/保坂ルミ

Part3 リンパ浮腫の予防的ケアと発症後の治療
 @ リンパ浮腫保存的治療基本パスの病期別治療とケア/河村 進・他
 A リンパ浮腫の外科的治療/時吉貴宏,河村 進

Part4 リンパ浮腫のセルフモニタリング/大西ゆかり

Part5 リンパ浮腫ケアの実際
 @ スキンケア/鏡 朋子
 A 生活指導/物部千穂
 B リンパドレナージ/佐藤佳代子
 C 圧迫療法/西裕子
 D 運動療法/三宅一正

Part6 がん患者のセルフマネジメントを引き出し高める教育的支援/大西ゆかり


第2特集


在宅・外来がん化学療法における
曝露予防策


編集協力/結城美智子(北海道大学大学院保健科学研究院 教授)

 がん化学療法においては,患者の副作用管理はもちろんのこと,医療者や患者家族の曝露予防も重要である.近年では外来・在宅での化学療法が中心となっていることから,特に患者と長い時間接し,共に生活を送る家族の曝露予防の重要性が高まっている.しかし,曝露経路や知識,物品の違い,患者の生活様式などにより,病院で医療者が行うような曝露予防策をそのまま在宅で行うことは難しい.看護師が患者・家族に対して,その家族の生活に合わせた適切な曝露予防策を指導することができれば,家族の抗がん薬曝露を防ぐことにつながる.
 本特集では,在宅における曝露予防の現状について紹介したうえで,家族に対する曝露予防策とその教育について,具体的に解説する.

Part1 外来・在宅がん化学療法における抗がん薬曝露予防の現状/結城美智子

Part2 曝露予防策と患者・家族教育のポイント/三宅亜矢,石岡明子


連 載


皮膚からみる全身疾患
  項部の紅斑をみたら/金児玉青

事例にみる フットケアの実際
  点滴の血管外漏出による足潰瘍のケア/間宮直子

がん患者の生活支援
  抗がん薬の副作用(頭髪のケア)/三橋由貴

看護師のためのファーストエイド実践
  突然の胸痛を訴える入院患者/増山純二

訪問看護師は病棟看護師から何を知りたいか,知っていてほしいか
  排泄に問題を抱えて在宅に戻る患者の情報共有について/清野美砂

ベッドサイドモニタQ&A
  体温モニタ/佐々木謙一
  中心静脈圧モニタ/村上真理
  SpO2モニタ/鈴木 淳
●その他
3月号は2016年2月20日発売!

第1特集


人工呼吸器離脱と看護

編集協力/宇都宮明美(聖路加国際大学 成人・高齢者と家族の看護領域 准教授)
 近年では,人工呼吸管理期間の長期化を防ぎ,できるかぎり早期に人工呼吸器から離脱することが重要視されている.人工呼吸器装着患者をみる看護師は,人工呼吸器を装着した時点から,いつどのタイミングで,どのように人工呼吸器を離脱するかを考えながら,日々のケアにあたることが重要である.
 本特集では,『人工呼吸器離脱に関する3学会合同プロトコル』を踏まえながら,人工呼吸器離脱を進めるためのチーム医療と最新のエビデンスについて概説したうえで,患者の状態に応じた人工呼吸器離脱の流れと看護について解説する.

1.人工呼吸器離脱におけるチーム医療とエビデンス
2.短期で人工呼吸器離脱が可能な場合
3.人工呼吸器離脱に時間を要する場合


第2特集

安全な離床のための術後患者のアセスメント

編集協力/丸山良子(東北大学大学院医学系研究科 看護アセスメント学分野 教授)
 安全に離床を進めるために有用な生理学的指標を用いた術後患者のアセスメントのポイントと,臨床での実践例を紹介する.


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2015年10月臨時増刊号 好評発売中!!

特集 急性症状・外傷の初期対応
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2015年4月臨時増刊号 好評発売中!!

特集 全身疾患による皮膚症状と看護ケア
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2014年10月臨時増刊号 好評発売中!!

特集 症状別 院内トリアージの知識と実践
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


看護管理者・看護教育者のための総合誌「看護展望」も好評発売中!!