看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

看護学生のためのバイタルサイン第2版

看護学生のためのよくわかるBOOKs 

看護学生のためのバイタルサイン第2版

【編集・執筆】
蔵谷 範子(国際医療福祉大学小田原保健医療学部看護学科教授)
【執筆】
牛尾 陽子(川崎市立看護短期大学講師)
長尾 淑子(川崎市立看護短期大学講師)
B5判/160頁/定価1,836円(本体1,700円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1583-5
第2版/2015年 11月


●説明
 先生や指導ナースにバイタルサインの報告をしたら質問攻めに……、なんて経験はありませんか?
 本書は、バイタルサインについて、「測定値から何がわかる?」「適切に測定するコツは?」「測定値をどうアセスメントする?」「どんなケアにつなげる?」の答えを、実習ですぐに活かせるよう、根拠を明確にしながら具体的に解説します。
 改訂にあたって、最も基本的である「体温」「脈拍」「呼吸」「血圧」の4つのバイタルサインに加え、「意識」についても理解できるよう、PARTTのなかで解説を加えました。
 また、PARTVでは、「目的・予測をもって→正確に測定し→測定結果を考察して→ケアにつなげる」の流れを場面ごとに実践的に学べるよう改訂しました。
 これを読めば、受け持ち患者さんのアセスメントがきっとうまくいきます。



Contents

 PARTTバイタルサインの学習を始める前に

 “バイタルサイン”を知ることから始めよう
 バイタルサイン測定のコツと注意点


 PARTU 4つのバイタルサイン

 第1章 体温/第2章 脈拍/第3章 呼吸/第4章 血圧
 ・バイタルサイン基礎知識あれこれ
 ・測定の方法とポイント
 ・測定値の“正常”と“異常”
 ・測定値のアセスメントに応じたケア


 PARTV 場面で考える バイタルサインの活かし方

 scene1 上腹部の激痛と発熱で緊急入院した患者さんのバイタルサインが落ち着いてきている
 scene2 退院間近の患者さんの血圧がなんだか高い!
 scene3 病棟内の散歩中に患者さんが息苦しさを訴えた!
 scene4 心臓リハビリテーション中に息が荒くなった!
 scene5 胃がんの患者さんが手術を終えて帰室した
 scene6 終末期の患者さんのバイタルサインが基準から逸脱している!