看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

看護実践のための根拠がわかる母性看護技術

根拠がわかる看護技術シリーズ 

看護実践のための根拠がわかる
母性看護技術

北川眞理子(名古屋市立大学大学院看護学研究科)
谷口千絵(神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部)
B5判/312頁/定価3,456円(本体3,200円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1594-1
第2版/2015年 10月


●説明
立ち読み

周産期に用いられる看護技術を豊富な写真とイラストで視覚的に学ぶことができる書籍です。
カラ―で見やすい&細かなポイントが書かれているため、学生の理解がより深まります。
●目次
第T章 母性看護学の実践に向けて
母性看護学の対象の理解/母性看護学のアセスメントとケアの考え方

第U章 妊娠期のアセスメントとケア
妊娠初期の妊婦のケア/妊娠中期の妊婦のケア/妊娠末期の妊婦のケア

第V章 分娩期のアセスメントとケア
分娩第1期のケア/分娩第2期のケア/分娩第3期のケア/分娩2時間までのケア

第W章 産褥期のアセスメントとケア
出産後24時間の褥婦のケア/出産後から入院期間中の褥婦のケア/退院から出産後1か月までの褥婦のケア/産後に仕事復帰する女性のケア

第X章 新生児期のアセスメントとケア
出生直後の新生児のケア/出生後24時間以内の新生児のケア/出生2日目から退院までの新生児のケア/退院から出生後1か月までの新生児のケア