看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

看護実践のための根拠がわかる基礎看護技術

根拠がわかる看護技術シリーズ 

看護実践のための根拠がわかる
基礎看護技術

編著/角濱春美(青森県立保健大学教授)
編著/梶谷佳子(京都橘大学看護学部准教授)
B5判/488頁/定価4,968円(本体4,600円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1585-9
第2版/2015年 01月


●説明
立ち読み

看護援助を行う際にいつでも念頭に置かなければならないコミュニケーション、感染予防・安全管理などの基本的な看護技術、フィジカルアセスメントに力点を置いたヘルスアセスメントの技術、日常生活援助技術や診療に伴う援助技術などについて、看護技術の方法を根拠に基づいて紹介しています。
●目次
第T章 看護援助に共通する看護技術
コミュニケーション/感染予防/安全管理/生活環境調整/安楽とボディメカニクス

第U章 ヘルスアセスメント技術
フィジカルアセスメントの基礎/バイタルサイン、痛みの見方/一般状態・各周囲径の測定/皮膚・爪・頭頸部/耳・鼻/眼/呼吸器/心血管系/腹部/筋骨格系/神経系/乳房・腋窩・生殖器・肛門

第V章 生理的ニーズの充足と援助技術
食べること/排泄すること/動くこと/休む、眠ること/身体をきれいにすること

第W章 診療に伴う援助技術
与薬・採血/罨法/吸入・吸引/皮膚・創傷の管理/死亡時のケア