看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

看護教育に役立つPBL

 

看護教育に役立つPBL

問題解決力を育む授業の展開と工夫

[編集]鈴木玲子(埼玉県立大学保健医療福祉学部 教授)

B5判/304頁/定価4,104円(本体3,800円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1577-4
第1版/2014年 06月

カートに入れる


●説明
PBL教育導入・実践に向けた具体的な方法論が満載!

○看護教育へのPBL教育導入・運営から具体的な授業進行・教材作成・評価まで、実践的な方法論をまとめた1冊です。
○これまでの実践のなかで得られたデータをもとに、各学校の教育環境に合ったPBL教育の展開を解説します。
○PBL教育は、基礎教育だけでなく、現任教育における問題解決力育成にも最適です。
●目次
第1章 PBL教育の基礎知識
1 看護教育におけるPBL教育への期待
2 海外の看護教育におけるPBL教育の実践状況
3 保健医療分野に広がるPBL教育の歴史的経緯とさらなる展開

第2章 PBL教育を活用した多様な授業展開
1 PBL教育の学習プロセス
2 導入としての体験PBLテュートリアル
3 学習の入門と位置づけたPBL教育の展開
4 基礎看護学分野でのPBL教育
5 看護診断(過程)をPBLテュートリアルで学ぶ
6 eラーニングを活用したPBLテュートリアル
7 TBL――大人数でも行えるPBL教育

第3章 PBL教育に必要な教材の作成
1 効果的な課題のつくり方➊ 基礎看護学分野「検査・与薬における看護」
2 効果的な課題のつくり方➋ 成人看護学分野「周手術期の患者の看護」
3 効果的な課題のつくり方➌ 成人看護学分野「回復期にある患者の看護」
4 効果的な課題のつくり方➍ 老年看護学分野「認知症の人への看護」
5 テュータガイド作成のコツ

第4章 PBL教育の評価
1 PBL教育による学習効果
2 自己学習力
3 批判的思考
4 リフレクション
5 ピア評価
6 コミュニケーション・スキル
7 授業運営・カリキュラムの評価

第5章 PBL教育を成功させるための方略
1 効果的なグループのつくり方
2 PBL教育を成功させるための教員研修➊ テュータ養成研修のステップアップ
3 PBL教育を成功させるための教員研修➋ テュータ養成研修(初心者コース・アドバンスコース)
4 PBL教育を成功させるための教員研修➌ 臨床看護師に向けたテュータ研修
5 PBLに活用できる教材の作成と工夫➊ ICT教材の活用
6 PBLに活用できる教材の作成と工夫➋ 動画(VOD教材)の活用
7 PBLに活用できる教材の作成と工夫➌ 模擬患者(SP)の活用
交流サイト・役立つサイト
参考資料

第6章 Q&A ここが知りたいPBL実践
1 テュータ編
2 学生編