看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

考える看護学生を育む 授業づくり

 

考える看護学生を育む 授業づくり

意欲と主体性を引き出す指導方法

[編著]新井英靖(茨城大学教育学部 准教授)
荒川眞知子(一般社団法人日本看護学校協議会 会長、相模原看護専門学校 校長)
池西靜江(一般社団法人日本看護学校協議会 副会長)
石束佳子((専)京都中央看護保健大学校 副学校長)
A4判/232頁/定価3,240円(本体3,000円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1570-5
第1版/2013年 07月

カートに入れる


●説明
●目次
授業力を向上させる具体的な方策を示します。

序章 看護師等養成所における授業の現状と課題

第T章 考える看護学生を育む授業づくりの基盤
 1.授業づくりを発展させるために
   
「授業づくり」の用語と定義
 2.“現代の若者”の学力をどのように向上させるか立ち読み
 3.考える活動を取り入れた授業の設計 
 4.学生が生き生きと学ぶ授業づくり
   @導入 : 主体的な学習につなげる「仕掛け」
   A展開 : 生活的概念から科学的概念へ導く「問い」
   Bグループワーク : 協働的活動で「コンピテンス」を育てる
   C技術指導 : 「憧れ」→「型」→「型くずし」
   D教材開発 : 「生活性」と「虚構性」の意図的な融合
 5.授業改善の糸口を見出す研究授業の進め方
 6.判断力を育成する事例検討の方法
 7.理論と実践を往還させる授業づくりとカリキュラム開発
 8.「考える力」を高めるPBLチュートリアル教育
 9.看護師の「他者性」の成長とキャリア形成
 10.試験問題の作成方法と学生の能力評価のあり方
 11.これからの看護教育に求められる教育観とは

第U章 学習指導案の実際
 1.学習指導案の作成
   
学習指導案の意義と作成時のポイント
 2.学習指導案の実例
   @基礎看護学
   A成人看護学
   B老年看護学
   C小児看護学
   D母性看護学
   E精神看護学
   F在宅看護論
   G看護の統合と実践
   H解剖生理学


文献一覧
巻末付録 「学習指導案の書式例」