看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

基礎看護2

看護学入門 7

基礎看護2

臨床看護概論/特論:治療法概説

〈臨床看護概論〉編集/中村惠子(札幌市立大学副学長・大学院看護学研究科長,教授)、小山敦代(明治国際医療大学看護学部教授)
〈特論:治療法概説〉監修/小林寛伊(関東病院名誉院長、東京医療保健大学大学院医療保健学研究科長)
B5判/444頁/定価3,564円(本体3,300円+税8%)
ISBN:978-4-8392-2244-4
第3版/2014年 11月


●説明
立ち読み

臨床看護概論
○ 個々の領域で修得した知識や技術を,実際の臨床の場ではどのように活かしていくことになるのかを学び,臨床のイメージを描きます。経過別,症状別,治療・処置別など,具体的な場面から学ぶことができます。

特論:治療法概説
○ 本シリーズ<看護学入門>で疾患の知識を身につける際,各種治療法を各巻で適宜紹介・記述しておりますが,それらの治療法は原則としてどのような目的や特徴を備えているのか,という概論をここでは学習することができます。
●目次
臨床看護概論
 第1章 臨床看護の特徴
 第2章 臨床看護活動と患者・家族の理解
 第3章 健康障害の経過に伴う看護
 第4章 主な症状に対する看護
 第5章 治療・処置に伴う看護
 第6章 継続看護

特論:治療法概説
 第1章 薬物療法
 第2章 手術療法
 第3章 食事療法
 第4章 リハビリテーション
 第5章 輸液療法
 第6章 放射線療法
 第7章 透析療法
 第8章 救急時の対応