看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

疾病の成り立ち/感染と予防

看護学入門 3

疾病の成り立ち/感染と予防

秋田 英貴 昭和大学医学部病理学講座兼任講師
桑原 章吾 元東邦大学教授 他
B5判/308頁/定価2,592円(本体2,400円+税8%)
ISBN:978-4-8392-2224-6
第2版/2012年 11月


●説明
立ち読み

疾病の成り立ち
本科目各論部分にて各疾患についての基礎的な知識をあらかじめ身に付けることで、『成人看護T〜V』の各疾患およびその患者の看護についてより深く学ぶことができ、学習上の効率、効果ともに大きく向上します。またフルカラー化した、豊富な図版により実際の病変をつぶさに見ることができます。

感染と予防
これまで「微生物」としての内容構成に比重を置いていましたが、新たに「感染予防」(第3章)・「感染治療」(第4章)を章立てし、近年ますますその重要性が叫ばれている感染予防、感染制御の観点をふまえ、記述内容も大幅な見直しを行いました。
●目次
疾病の成り立ち
【病理学総論】
 第1章 疾病の成り立ちを学ぶ
 第2章 病気の種類とその要因
 第3章 先天異常
 第4章 退行性病変と進行性病変
 第5章 循環障害
 第6章 炎症
 第7章 腫瘍
 第8章 免疫
 第9章 臨床病理検査
【病理学各論】
 第10章 呼吸器疾患
 第11章 循環器疾患
 第12章 消化器疾患
 第13章 血液・造血器疾患
 第14章 内分泌・代謝疾患
 第15章 腎・泌尿器疾患
 第16章 脳・神経疾患
 第17章 女性生殖器疾患・乳腺疾患
 第18章 運動器疾患
 第19章 感覚器疾患

感染と予防
 序 章 病原微生物とは
 第1章 微生物のあらまし
 第2章 微生物と感染
 第3章 感染予防
 第4章 感染治療
 第5章 細菌
 第6章 リケッチアとクラミジア
 第7章 ウイルス
 第8章 真菌
 第9章 原虫
 第10章 プリオン
 第11章 環境の微生物
 付録 細菌検査の基本操作