看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

グリーフケア

 

グリーフケア

-死別による悲嘆の援助

編著/高橋 聡美(つくば国際大学医療保健学部教授)

A5判/274頁/定価2,592円(本体2,400円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1496-8
第1版/2012年 05月

カートに入れる


●説明
死別後の癒えない心の傷と向き合う『グリーフケア』入門書


グリーフケアを実践していくための遺族の心理・言動についての基本的知識や原理原則を紹介。
病気や救急、災害・自殺など、喪失体験別に悲嘆(グリーフ)を網羅。
東日本大震災におけるグリーフケアの経験も紹介。
●目次
序 章 悲嘆をサポートする
大切な人を亡くすこと/悲嘆のサポート
第T章 悲嘆の理解と援助
悲嘆とは/悲嘆のプロセス/悲嘆の文化差/グリーフサポートの基本姿勢/悲嘆の対処/悲嘆と複雑性悲嘆、うつ病、トラウマ
第U章 死を迎えるときの悲嘆
がんの終末期における身体的変化と悲嘆/死亡告知時のグリーフケア
第V章 喪失体験別にみるグリーフケア
病気で大切な人を亡くした人へのケア/救急で大切な人を亡くした人へのケア/ホスピス緩和ケア施設で大切な人を亡くした人へのケア/災害で大切な人を亡くした人へのケア/自殺で大切な人を亡くした人へのケア/流死産で大切な子どもを亡くした人へのケア/大切な子どもを亡くした親へのケア
第W章 子どものグリーフケア
大切な人の死が子どもに与える影響/子どものグリーフケアの実際/遺児サポートにおけるわが国の問題
第X章 家族療法の視点からのグリーフケア
家族をとらえる視点―システムとライフサイクル―/家族療法の視点を生かしたグリーフケアの実際
第Y章 地域におけるグリーフケア
地域におけるグリーフケアの必要性/ファシリテーター養成/わかちあいを運営するための心得/送葬とグリーフケア
第Z章 医療スタッフへのグリーフケア
グリーフケアにおける援助者のストレスマネジメント/デスカンファレンス/患者が自殺した際のスタッフのケア

Column
犯罪被害者遺族の悲嘆  -附属池田小学校児童殺傷事件-
自殺で家族を亡くすということ  -苦しみから希望を紡ぐ-
ペットの死と悲嘆反応
母の手記/遺児の手記
エンバーミング
仏教からみるグリーフケア