看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

楽しくなる看護研究

 

楽しくなる看護研究

著/上野 栄一 福井大学医学部看護学科教授 
   出口 洋二 福井大学医学部看護学科教授
   一ノ山隆司 国際医療福祉大学小田原保健医療学部准教授
B5判/176頁/定価2,484円(本体2,300円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1460-9
第1版/2012年 01月

カートに入れる


●説明
立ち読み

 本書は、看護研究の進め方について、「テーマの決定」から「研究デザイン」、「論文作成・発表」まで、研究の流れに沿って具体的に解説します。多くの図表を用いることで、視覚的に学ぶことができる構成となっています。看護研究にまつわるエピソードやコラムも充実しているので、看護研究をより身近なものと捉え、楽しく取り組めるようになります。
●目次
第T章 看護研究とは
 1 看護研究の意義
  1.研究は、疑問を抱くところから始まる 2.看護研究の歴史 3.看護研究を行う意義 
  4.看護研究における教育、理論、実践との関係

第U章 看護研究のプロセス
 1 研究テーマの決め方
  1.問題点の把握 2.テーマの決定

 2 研究計画立案
  1.研究デザインの意味するもの 2.研究デザインの決定 3.研究計画書の書き方
  4.科学研究費補助金研究実施計画書の記載方法

 3 看護研究の倫理的配慮
  1.看護者の倫理綱領 2.研究にあたっての倫理的配慮とその記述 3.研究対象者への説明・同意書の記載
  4.倫理審査委員会

 4 看護研究の進め方
  1.看護研究を進めるための前提条件とプロセス 2.看護研究に取り組むための準備性と継続性

第V章 文献検索とクリティーク
 1 文献検索
  1.文献の種類 2.文献検索の種類 3.入手した文献の整理方法

 2 論文のクリティーク
  1.論文のクリティーク 2.クリティークに必要な知識 3.クリティークの方法 4.効果的なクリティークの方法

第W章 看護研究のデザイン
 1 研究デザインとは
  1.研究デザイン 2.研究のタイプとプロセス

 2 量的研究
  1.量的研究の特徴 2.量的研究のデザイン 3.数量データのビジュアル化 4.アンケート調査 5.実験研究

 3 質的研究
  1.質的研究のアプローチ 2.質的研究の種類 3.質的研究におけるデータの収集方法 4.カテゴリーの生成
  5.質的研究の評価 6.パソコンを利用した質的研究:内容分析 7.インタビューのスクリプト標記と分析方法

第X章 データの分析と尺度開発
 1 データの分析
  1.基本統計量 2.データ分析

 2 尺度開発
  1.尺度開発とは 2.尺度開発の手順 3.尺度開発の統計学的検証

第Y章 論文・抄録の書き方
 1 論文・抄録とは
  1.論文作成の意義 2.論文に求められるもの  3.論文の種類と抄録

 2 論文・抄録の書き方
  1.論文作成の基本事項 2.論文の書き方 3.抄録の書き方

第Z章 看護研究発表の実際
 1 看護研究発表の準備
  1.演題募集 2.演題内容と発表形式 3.抄録 4.参加登録 5.採択と不採択

 2 効果的なプレゼンテーション
  1.プレゼンテーションの目的 2.プレゼンテーションのポイント 3.口演発表 
  4.プレゼンテーション技術の向上 5.示説発表(ポスターセッション)

付 録 看護研究に役立つ用語集

Column
EBMとEBN/PICOを利用した研究テーマの決め方/「卒業研究」の指導/臨床での看護研究相談会/
興味・関心をもつことの大切さ/演繹法(的)と帰納法(的)からみた研究の考え方/
統計・研究手法を学ぶための参考図書/APAの文献表示/学会への入会意義/発表者と共同研究者/
研究の可視化/看護管理者と研究/看護部としての看護研究支援
●その他
正誤表