看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

感染症/アレルギー・免疫/膠原病

新体系 看護学全書 
専門分野U成人看護学

感染症/アレルギー・免疫/膠原病

編集/[感染症] 竹田美文(岡山大学医歯薬学総合研究科特任教授)、伊藤道子(北里大学看護学部准教授)
[アレルギー・免疫] 岡崎仁昭(自治医科大学医学教育センター長・教授)、宗村美江子(虎の門病院副院長・看護部長)
[膠原病] 寺井千尋(自治医科大学附属さいたま医療センターアレルギー・リウマチ科教授)、新藤悦子(慶應義塾大学看護医療学部准教授)
B5判/448頁/定価4,212円(本体3,900円+税8%)
ISBN:978-4-8392-3298-6
第3版/2014年 12月


●説明

できるだけ平易に噛み砕いた表現とし、カラー図解を多く取り入れるなど、“いま”の学生にとってのわかりやすさにも配慮したテキストを心掛けました。
“疾患をもつ患者の看護”の章では、当該の器官で代表的な疾患を取り上げ、看護の基本を示しました。それぞれの疾患をもつ患者の看護は「アセスメント」「生じやすい看護上の問題」「目標と看護」に分けて構成し、看護の考え方・基本を深く学べるよう「なぜそうするのか」という根拠がわかる記述をしました。
各章ごとに、冒頭で学習のポイント、章末で「演習課題」を設け、学習者の理解の一助としました。


執筆者
[感染症] 
伊藤道子(北里大学看護学部准教授)
竹田美文(岡山大学医歯薬学総合研究科特任教授)
[アレルギー・免疫]
高橋並子(虎の門病院看護部)
蓑田清次(自治医科大学教授)
岡崎仁昭(自治医科大学准教授)
橋本末子(虎の門病院分院総看護師長)
[膠原病] 
新藤悦子(慶應義塾大学看護医療学部准教授)
寺井千尋(自治医科大学附属さいたま医療センターアレルギー・リウマチ科教授
●目次
感染症
"序 章 感染症をもつ成人を理解するために

【第1編】感染症とその診療
第1章 感染症の基礎知識
 T 感染症とは
 U 新興・再興感染症
 V 感染症法

第2章 感染症の症状
 発熱
 頭痛
 下痢
 嘔吐
 腹痛
 咳
 髄膜刺激症状
 発疹
 出血傾向

第3章 感染症の診断、治療
 T 感染症の診断
 U 感染症の治療
 V 予防接種

第4章 主な感染症
 T 1 類感染症
 U 2 類感染症
 V 3 類感染症
 W 4 類感染症
 X 5 類感染症
 Y 新型インフルエンザ等感染症
 Z 抗酸菌感染症
 [ 食品媒介感染症
  日和見感染症
 ] 院内感染
 XT輸入感染症

【第2編】感染症患者の看護
第1章 看護の基本
 T 患者の特徴と看護の役割
 U 必要な情報とアセスメントの視点
 V 疾患の経過と看護
 W 感染症患者が利用できる社会資源

第2章 主な症状に対する看護
 T 発熱
 U 発疹
 V 悪心・嘔吐、下痢
 W ショック
 X 咳漱
 Y 意識障害
 Z 個室入院(個室管理)による行動変容

第3章 主な検査・治療・処置に伴う看護
 T 診察時の看護
 U 検査時の看護
 V 治療・処置時の看護

第4章 主な疾患をもつ患者の看護
 T 肺炎患者の看護
 U MRSA 感染症患者の看護
 V 急性ウイルス性肝炎患者の看護
 W 結核患者の看護
 X 食中毒患者の看護
 Y HIV 感染者の看護

アレルギー・免疫
序 章 アレルギー・免疫疾患をもつ成人を理解するために

【第1編】アレルギー・免疫疾患とその診療
第1章 アレルギー・免疫疾患の起こる原因としくみ
 T アレルギーとは
 U 免疫反応
 V アレルギー疾患・免疫疾患の起こるしくみ
 W アレルギー反応の5 型

第2章 アレルギー・免疫疾患で生じる主な症状

第3章 アレルギー・免疫疾患の主な検査と治療法
 T 診断の進め方
 U 検査法
 V 主な治療法
第4章 アレルギー・免疫疾患の診療
 T 気管支喘息
 U アレルギー性鼻炎
 V アトピー性皮膚炎
【第2編】アレルギー・免疫疾患患者の看護
第1章 看護の基本
 T 患者の特徴と看護の役割
 U 必要な情報とアセスメントの視点
 V 疾患の経過と看護
 W アレルギー・免疫疾患患者が利用できる社会資源

第2章 主な症状に対する看護
 T 呼吸器症状
 U 消化器症状
 V 循環器症状
 W 皮膚症状
 X 眼症状
 Y 行動の変化

第3章 主な検査・治療・処置に伴う看護
 T 診察時の看護
 U 検査時の看護
 V 治療・処置に伴う看護

第4章 疾患をもつ患者の看護
 T 蕁麻疹患者の看護
 U アトピー性皮膚炎患者の看護
 V アレルギー性鼻炎患者の看護
 W 気管支喘息患者の看護
 X アナフィラキシーショックに陥った患者の看護

膠原病
序 章 膠原病疾患をもつ成人を理解するために

【第1編】膠原病とその診療
第1章 膠原病の原因と発症のメカニズム
 T 膠原病の原因とその分類
 U 膠原病の起こるしくみ

第2章 膠原病で生じる主な症状
 T 全身症状
 U リウマチ性症状
 V 皮膚粘膜症状
 W 内臓の炎症性病変

第3章 膠原病の主な検査と治療法
 T 診察の方法
 U 検査・診断
 V 膠原病の主な治療法

第4章 膠原病の診療

【第2編】膠原病患者の看護
第1章 看護の基本
 T 患者の特徴と看護の役割
 U 必要な情報とアセスメントの視点
 V 疾患の経過と看護
 W 膠原病患者が利用できる社会資源

第2章 主な症状に対する看護
 T 発熱
 U リウマチ性症状
 V 皮膚粘膜症状
 W 腎・尿路系障害
 X 呼吸器症状
 Y 神経症状
 Z 循環器症状
 [ 消化器症状

第3章 主な検査・治療・処置に伴う看護
 T 診察時の看護
 U 検査時の看護
 V 治療・処置時の看護

第4章 膠原病疾患をもつ患者の看護
 T 関節リウマチ患者の看護
 U 全身性エリテマトーデス患者の看護
 V 強皮症患者の看護
 W 多発性筋炎・皮膚筋炎患者の看護
 X ベーチェット病患者の看護
●その他



教科書と看護師国家試験出題基準との対応の詳細は、こちらへ↓