看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

女性生殖器

新体系 看護学全書 
専門分野U成人看護学

女性生殖器

編集/恩田貴志(北里大学医学部教授)
竹村禎子(北里大学病院総合周産期母子医療センター)
B5判/358頁/定価3,564円(本体3,300円+税8%)
ISBN:978-4-8392-3302-0
第4版/2015年 11月


●説明

できるだけ平易に噛み砕いた表現とし、カラー図解を多く取り入れるなど、“いま”の学生にとってのわかりやすさにも配慮したテキストを心掛けました。
“疾患をもつ患者の看護”の章では、当該の器官で代表的な疾患を取り上げ、看護の基本を示しました。それぞれの疾患をもつ患者の看護は「アセスメント」「生じやすい看護上の問題」「目標と看護」に分けて構成し、看護の考え方・基本を深く学べるよう「なぜそうするのか」という根拠がわかる記述をしました。
各章ごとに、冒頭で学習のポイント、章末で「演習課題」を設け、学習者の理解の一助としました。

●目次
序 章 女性生殖器疾患をもつ成人を理解するために
 T 女性のライフサイクルと疾患
 U 女性生殖器疾患の特性と近年の傾向
 V 女性生殖器疾患をもつ成人と医療のかかわり

【第1編】女性生殖器疾患とその診療
第1章 女性生殖器の構造と機能
 T 女性生殖器のしくみ
 U 女性生殖器の担う機�

第2章 女性生殖器疾患で生じる主な症状
 T 性徴の異常
 U 月経の異常
 V 帯下
 W 性器出血
 X 骨盤内疼痛
 Y 排尿障害
 Z 下腹部膨隆
 [ 外陰部?痒感

第3章 女性生殖器疾患の診断と治療
 T 診察の方法
 U 検査の種類と方法
 V 女性生殖器疾患の主な治療法

第4章 主な女性生殖器疾患の治療
 T 性感染症
 U 外陰の疾患
 V 膣の疾患
 W 子宮の疾患
 X 卵巣の疾患
 Y 卵管、骨盤腹膜および骨盤結合織の疾患
 Z 不妊症
 [ 不育症
 � 更年期障害
 ] 骨粗鬆症

【第2編女性生殖器疾疾患患者の看護】
第1章 看護活動の基本
 T 患者の特徴と看護の役割
 U 必要な情報とアセスメントん視点
 V 疾患の経過と看護
 W 女性生殖器患者が利用できる社会資源

第2章 主な症状に対する看護
 T 月経異常
 U 帯下
 V 異常性出血
 W 骨盤内疼痛
 X 排尿障害
 Y 外陰部?痒感
 Z 下腹部膨隆

第3章 主な検査・治療・処置に伴う看護
 T 診察時の看護
 U 検査時の看護
 V 治療・処置時の看護

第4章 主な疾患をもつ患者の看護
 T 子宮筋腫(子宮平滑筋腫)患者の看護
 U 子宮癌(子宮頸癌)患者の看護
 V 子宮内膜症患者
●その他



教科書と看護師国家試験出題基準との対応の詳細は、こちらへ↓