看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

大腸癌

多職種チームのための周術期マニュアル 5

大腸癌

監修/近藤 晴彦 静岡県立静岡がんセンター呼吸器外科
編集/山口 茂樹 埼玉医科大学国際医療センター
B5判/208頁/定価3,456円(本体3,200円+税8%)
ISBN:978-4-8392-1249-0
第1版/2006年 06月


●説明
《 本シリーズの目指すもの 》
本シリーズは、クリニカルパスに代表される診療の標準化を軸に、医療チームを構成するそれぞれの職種が自らの専門性を生かしながら、「患者のために」を合言葉に行う周術期治療・ケアのマニュアルとして刊行した。


《 本シリーズの特徴 》
チームで医療をすすめる際の基本原則を常に「患者のために」に置いて内容を構成し記述した。
チーム医療における各医療職の役割が明確に記載されている。
医療の標準化を目指したクリニカルパスを基本としている。
クリニカルパスの作成にあたっては、ここの治療のシュミレーション、勉強会等を通じて検討・実践してきたことが生かされている。
各巻の章立てが、クリニカルパスに沿って構成されている。
患者の外来診療から入院、手術、リハビリテーション、そして退院指導などにかかわる多職種の専門家が、それぞれの専門性を
  他のチームメンバーに理解してもらい、より有機的な連携に発展することを期待して執筆している。
最新の知見に基づく図表を豊富に掲載した。
●目次
第1章 大腸癌治療の基礎知識
 1 大腸切除術( 外科手術 )
 2 大腸内視鏡治療
 3 静岡県立静岡がんセンターの治療ガイドライン

第2章 外来診療
 1 外来診察
 2 術前評価
 3 外来での看護

第3章 クリニカルパス
 1 大腸切除術のクリニカルパス
 2 内視鏡的粘膜切除術のクリニカルパス

第4章 術前管理
 1 併存症の管理
 2 術前オリエンテーション( ストーマを含む )

第5章 術中管理
 1 大腸手術の麻酔管理
 2 人工肛門( ストーマ )管理
 3 食事指導

第6章 術後合併症とその対策
 1 大腸手術に伴う合併症
 2 手術部位感染防止対策
 3 人口肛門( ストーマ )合併症

第7章 退院後とその後のフォロー
 1 退院へのオリエンテーション
 2 退院後のフォロー
 3 術後補助化学療法