看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

国語

看護師教養講座 

国語

編著/大河原 忠蔵 前奈良教育大学教授

A5判/276頁/定価864円(本体800円+税8%)
ISBN:978-4-8392-0701-4
第4版/1983年 12月


●説明
生徒の作文例、手紙や論文から書く能力、詩、小説、評論あるいは戯曲などの素材から読解力の教養を育むことを主眼に編纂した。取り上げられた例文は、生徒の作文から一般的になじみの深いものまでを厳選して文例を挿入した。「読めばわかる」を避け、教師が現場で説明する素材であることを配慮した。
●目次
1.評 論
  死ぬことと生きること(土門拳)
  個性についての雑感(武者小路実篤)
  〈参考〉一個人の人間(武者小路実篤)
      一筋の道を歩くなり
  縄文土器(岡本太郎)

2.近代詩
  初 恋(島崎藤村)
  千曲川旅情の歌(島崎藤村)
  道程(高村光太郎)
  レモン哀歌(高村光太郎)
  竹(萩原朔太郎)
  大渡橋(萩原朔太郎)
  小景異情(室生犀星)
  切なきお思いぞ知る(室生犀星)
  永訣の朝(宮沢賢治)
  雨ニモマケズ(宮沢賢治)
  ギリシャ的叙情詩(宮脇順三郎)
    天 気/雨/太陽/眼
  北の海(中原中也)
  正 午(中原中也)
  未来へ(丸山薫)
  途 上(丸山薫)
  鹿  (村野四郎)
  惨憺たるあんこう(村野四郎)
  夕 べ(金子光春)
  湖 水(金子光春)
  くらげの唄(金子光春)
  仮繃帯所にて(峠三吉)

3.文章を書く
  文書を書く(大河原忠蔵)
   文章上達の三つの秘訣
   まず最初に「アウトラインの設定」を
   「改行と段落」で文書を作れ
   「書き出しと結び」で文章が決まる
   文書のまちがいに敏感になろう
   取材から文章へ

4.古 典
  万葉集
  方丈記(鴨長明)
  野ざらし紀行・奥の細道(松尾芭蕉)
  〈参考〉銀河序(松尾芭蕉)

5.小 説
  鷲の巣(ビョルンソン・山室静訳)
  城の崎にて(志賀直哉)
  伊豆の踊子(川端康成)

6.短歌と俳句
  近代短歌抄
  近代俳句抄

7.戯 曲
  夕 鶴(木下順二)

8.ノンフィクション
  清光館哀史(柳田国男)
  〈参考〉浜の月夜(柳田国男)
  山村女性の働き(土橋里木)

付 録
  常用漢字
  送り仮名の付け方
  現代かなづかい
  動詞の活用
  形容詞・形容動詞の活用
  助動詞の活用
  月の異称