看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

生物学

新体系 看護学全書 
基礎科目

生物学

編著:齊藤省吾

B5判/288頁/定価2,860円(本体2,600円+税10%)
ISBN:978-4-8392-3122-4
第1版/2006年 12月


●説明
高等学校では生物を選択性としており,履修をしていない学生が増加しています。本書では,生物学の知識を幅広く身につけていただける様,図や表を用いてできるだけわかりやすい内容としています。


編著
齊藤 省吾 前京北高等学校校長
●目次
第1章 細胞
 1 細胞の構造と機能
 2 細胞の増殖(細胞分裂)

第2章 個体の成り立ち―分化
 1 組織
 2 器官と器官系

第3章 細胞生理―原形質の構成と働き
 1 原形質の化学組成
 2 原形質の性状(コロイド)
 3 細胞膜の働き―細胞への物質の出入り

第4章 生体内の物質の流れと働き
 1 物質代謝とエネルギー代謝
 2 同化―エネルギーの蓄積
 3 異化―エネルギーの遊離
 4 エネルギーの利用
 5 異化生成物の排出

第5章 からだの恒常性の維持
 1 内部環境としての体液
 2 神経系とその働き
 3 内分泌系とその働き

第6章 外的刺激の受容
 1 刺激と反応
 2 外的刺激の受容―感覚器とその働き
 3 からだの内部感覚

第7章 生殖
 1 配偶子の形成―減数分裂
 2 受精

第8章 発生
 1 発生の順序
 2 ヒトの発生
 3 発生の仕組み

第9章 遺伝
 1 遺伝物質の所在
 2 遺伝物質としての核酸
 3 核酸(DNAとRNA)の構造
 4 たんぱく質と形質の発現
 5 細胞の分化と遺伝子
 6 遺伝の基本法則
 7 ヒトの遺伝

第10章 変異
 1 環境変異(個体変異)
 2 突然変異



教科書と看護師国家試験出題基準との対応の詳細は、こちらへ