看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

地域・在宅看護論

新体系 看護学全書 

地域・在宅看護論

編集:河野 あゆみ
※ページは予ページ
B5判/400頁/定価3,520円(本体3,200円+税10%)
ISBN:978-4-8392-3383-9
第6版/2021年 12月


●説明
※一部内容が変更になる場合があります。

従来の「在宅看護論」に“地域(地域看護)”の視点を大幅強化しました。
「地域・在宅看護論」の位置付けが変更となったことを受け,1年生からでも授業でお使いいただけるよう,章構成を見直しました。
第1〜3章は,1年生に向けて授業を行う際に初学者でもスムーズに学習できるよう,本文中の表現にできるだけ平易な言葉を用いています。
“医療安全”や“災害”など,新カリキュラムで留意点に付記された教育内容を追加しました。
第6章では,地域看護・在宅看護の場で遭遇する健康障害について,まとめています。実習ではなかなか担当することのできない支援困難な事例も教科書内で解説。在学中から将来の実践を見据えた教育を支援します。
第6章各節には事例を掲載しており,グループワークやディベートなどのアクティブラーニングにご活用いただけます。また,高齢化や医療の進歩による慢性疾患をもつ患者の増加を受け,“慢性疾患管理”の項目を追加しました。
編者 河野あゆみ先生が作成した『地域・在宅看護論』のシラバス案も公開しておりますので、ご覧いただき、ご活用いただけますと幸いです。




編集
河野 あゆみ 大阪市立大学大学院看護学研究科在宅看護学領域教授
●目次
第1章 地域における生活と健康

第2章 地域・在宅看護の基盤

第3章 地域・在宅看護を支える仕組み

第4章 地域・在宅看護の個別支援

第5章 地域・在宅看護のシステムづくり

第6章 地域・在宅看護と健康障害

第7章 地域・在宅看護の援助技術・技法

※一部内容が変更になる場合があります。
●その他

河野あゆみ先生作成の『地域・在宅看護論』のシラバス案を公開中