看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

解剖生理学

新体系 看護学全書 
人体の構造と機能

解剖生理学

編集:橋本尚詞・鯉淵典之

B5判/650頁/定価5,060円(本体4,600円+税10%)
ISBN:978-4-8392-3368-6
第4版/2020年 12月


●説明
●看護活動のエビデンスにつながる解剖生理学を意識し,解剖学と生理学の統合をはかりました。
 ▶人体の構造と機能について,全体像を俯瞰したあと,器官系統別に講義を進めることができます。
●精緻でわかりやすい約450点もの図版が学生の理解を深めます。
 ▶講義での詳しい解説に活用ができることはもちろん,自己学習や実習の事前・事後学習,看護師国家試験対策にも役立ち
  ます。
●人体の正常機能にからめて,臨床現場で出合う疾患や最近のトピックスをコラムにまとめました。
 ▶講義の導入としてお使いいただくことで,学生が興味をもつきっかけとなり,学習意欲を高めます。
●新カリキュラムに対応し,各章末に「看護の観点から」を設けました。解剖生理学を学ぶ意義や看護行為とどのようにつな
 がっているかをわかりやすく解説しています。
 ▶看護における援助と解剖生理学の関連性について簡潔にまとめました。
●「たんぱく質合成の過程」や「免疫のしくみ」など,図だけでは理解しにくい内容についてアニメーションを作成しまし
 た。
 ▶講義における解説の補完として,さらに自己学習や実習の事前・事後学習,看護師国家試験対策としてもご活用いただけ
  ます。


新たにアニメーションを追加しました!
 図だけでは理解しにくい内容はアニメーションでわかりやすく解説しています。

サンプル動画はこちらから⇒


編集・執筆
橋本 尚詞 東京慈恵会医科大学解剖学講座教授
鯉淵 典之 群馬大学大学院医学系研究科医科学専攻応用生理学分野教授

執筆
田中美智子 宮崎県立看護大学教授(看護の観点から)


●編者プロフィール●
橋本 尚詞
1980 年東京医科歯科大学歯学部卒,京都大学大学院修了。京都大学講師,東京慈恵会医科大学講師,助教授を経て2008 年より現職。主な研究は,組織構築・発生過程の三次元的解析。著書・訳書(分担含む)に『イラスト人体発生学』(ユリシス),『ヒューマンバイオロジー』『プロメテウス解剖学アトラス 頸部/ 胸部/ 腹部・骨盤部』『医学大辞典』(ともに医学書院),『看護学入門 人体のしくみと働き』(メヂカルフレンド社)ほか多数。
なかでも順天堂大学・坂井建雄先生との共著『ぜんぶわかる人体解剖図』(成美堂出版)は,シリーズ累計80 万部突破の大ベストセラー。

鯉淵 典之
1985 年群馬大学医学部卒。1989 年群馬大学内分泌研究所生理学にて医学博士取得後,ロックフェラー大学研究員,獨協医科大学助教授,ハーバード大学客員教授を経て,2001 年より現職。専門は内分泌生理学,環境生理学。日本生理学会では副理事長(教育担当)として「生理学エデュケーター認定制度*」の立ち上げに尽力。ほかにも日本環境ホルモン学会副会長,日本甲状腺学会理事,日本医学教育学会代議員(卒前教育委員)を務める。
編著書・訳書(分担含む)に『標準生理学』『看護師国家試験 解剖生理学クリアブック』(ともに医学書院),『インテグレーテッドシリーズ 生理学』(東京化学同人)ほか多数。趣味はマラソン,卓球,旅行,学生たちとの飲み会。
*日本生理学会が「生理学教育者として広い知識と優れた教育能力を備えた人材を育成して社会に送り出し,多くの学生がよ
 り高い水準の生理学教育を受けられる」ことを目的として設立した制度。
●目次
第1章 人体の基本構造
 T 人体の部位と区分

第2章 人体の基本単位・人体の階層性
 T 人の成り立ち
 U 細胞
 V 組織
 W 器官
 X 器官系の概略

第3章 体液と血液
 T 体液
 U 血液

第4章 血液の循環
 T 循環器の構造と機能
 U 循環系
 V リンパ系

第5章 呼吸のしくみ
 T 呼吸器の構造
 U 呼吸器の機能

第6章 排尿・体液調節のしくみ
 T 腎・泌尿器の構造と機能
 U 尿路

第7章 消化・吸収・代謝
 T 消化管の基本構造と機能
 U 歯・口腔・咽頭の構造と機能
 V 消化管の構造と機能
 W 肝臓,胆囊,膵臓
 X 栄養素の消化と吸収・代謝
 Y 腹膜

第8章 からだの支持・運動
 T 骨
 U 骨の連結

第9章 情報の受容
 T 体性感覚
 U 内臓感覚
 V 視覚器
 W 聴覚・平衡覚器
 X 味覚器・嗅覚器

第10章 情報の伝達と処理
 T 神経組織
 U 末梢神経系
 V 中枢神経系
 W 感覚系の伝導路

第11章 内部環境維持・調節
 T 自律神経
 U 内分泌系とホルモン 

第12章 恒常性の維持
 T 非特異的生体防御機構
 U 特異的生体防御機構
 V 体温
 W からだのリズム性変化と睡眠 

第13章 生殖・発生と老化
 T 男と女
 U 生殖器
 V 受精と胎児の成長 
 W 成長と老化