看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

母性看護学概論/ウィメンズヘルスと看護

新体系 看護学全書 
母性看護学

母性看護学概論/ウィメンズヘルスと看護

編集:板倉敦夫・松ア政代・渡邊浩子

B5判/370頁/定価3,300円(本体3,000円+税10%)
ISBN:978-4-8392-3361-7
第6版/2019年 12月


●説明
●母性看護に必要な「女性看護学」「リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関する看護」「周産期看護」という3つの
 領域の知識を統合できるよう,整理しました。
 ▶女性の生涯の健康を理解したうえで,性・生殖に関する看護を学び,権利と倫理を根底として,周産期看護へ臨むと
  いう授業の展開を明確にしました。
●女性看護学を編として大きく扱いました。女性の生涯をとおしての健康(ヘルスプロモーション)と健康課題を学べます。
 ▶「第2編 女性看護学」では,第1章において女性看護学の全体像を学びます。ここでは,ライフステージにおける
  健康課題の全体像を理解し,各論へとつなげます。
●「 第4編 母性看護技術」では,母性看護における看護過程の展開の基礎と看護技術を学びます。
 ▶母性看護では,実習の充実が問題となっている学校も多いため,看護過程の展開の充実をさせたく,第4編に母性看護
  過程の章を設けました。また,第5編では,事例を用いて周産期看護の看護過程を紹介しています。第4編と第5編を
  合わせて活用いただくことで,学生の理解の向上につながります。


編集
板倉 敦夫 順天堂大学医学部産婦人科教授
松ア 政代 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻教授
渡邊 浩子 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻教授

執筆者(執筆順)
村上 明美 神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部教授
齋藤いずみ 神戸大学大学院保健学研究科看護学領域母性看護学分野教授
葉久 真理 徳島大学大学院医歯薬学研究部助産学分野教授
井村 真澄 日本赤十字看護大学母性看護学教授
松ア 政代 大阪大学大学院教授
山崎 圭子 宮崎大学医学部看護学科教授
佐々木綾子 大阪医科大学看護学部看護学科教授
入山 茂美 名古屋大学大学院医学系研究科看護学専攻教授
青柳 優子 順天堂大学母性看護学・助産学准教授
米山万里枝 東京医療保健大学医療保健学部看護学科・助産学専攻科教授
杉浦 絹子 名古屋女子大学教授
大田えりか 聖路加国際大学大学院看護学研究科国際看護学教授
志村千鶴子 福山平成大学看護学部看護学科/助産学専攻科教授
渡邊 浩子 大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻教授
眞鍋えみ子 同志社女子大学看護学部看護学科教授
●目次
第1編 母性看護学概論
第1章 母性とは
 T 母性とは,父性とは,親性とは
 U 親役割の獲得

第2章 母性看護とは
 T 母性看護の理念
 U 母性看護の対象
 V 母性看護の目的と役割
 W 母性看護にかかわる職種と役割
 X 母性看護の場と特徴
 Y 母性看護・周産期に関する医療体制
 Z 母性看護の歴史

第3章 母性看護における主要な理論と概念
 T 母性看護における主要な理論
 U 母性看護における主要な概念

第4章 母子と家族の発達
 T 家族の機能とは
 U 母子関係における家族の変化
 V 家族の発達と課題

第5章 母子保健
 T 母子保健統計
 U 母子保健にかかわる法律
 V 主な母子保健施策
 W 母子保健施策の展望と課題

第2編 女性看護学
第1章 女性看護学とは
 T 女性看護学の必要性
 U 女性の生涯における健康と支援
 V 女性の生涯における健康問題と看護

第2章  思春期における成長・発達と健康課題
 T 身体・心理・社会的成長・発達
 U ヘルスプロモーション
 V 健康課題と看護

第3章 成熟期における成長・発達と健康課題
 T 身体・心理・社会的発達・加齢変化
 U ヘルスプロモーション
 V 健康課題と看護

第4章 更年期における成長・発達と健康課題
 T 身体・心理・社会的発達・加齢変化
 U ヘルスプロモーション
 V 健康課題と看護

第5章 老年期における成長・発達と健康課題
 T 身体・心理・社会的加齢変化
 U ヘルスプロモーション
 V 健康課題と看護

第3編 リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関する看護
第1章 リプロダクティブ・ヘルス/ライツおける概念と動向
 T リプロダクティブ・ヘルス/ライツとは
 U リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関する近年の動向

第2章 リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関する課題
 T 社会的課題
 U 倫理的課題
 V 医学的課題

第3章 リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関する看護
 T 性感染症と予防
 U 受胎調節と家族計画
 V 人工妊娠中絶と看護
 W ドメスティックバイオレンスと看護
 X 性暴力被害者と看護
 Y 児童虐待と看護

第4編 母性看護技術
第1章 母性看護過程
 T 情報収集・アセスメント
 U 看護問題の明確化
 V 看護目標の立案
 W 看護実践と評価

第2章 母性看護にかかわる看護技術
 T ヘルスアセスメント
 U 母性看護の基盤となる看護技術
 V 自己決定支援を支える看護技術
 W ヘルスプロモーション技術
 X 母子関係形成に関する看護技術