看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護技術2019年9月号

『月刊雑誌』2019年9月号
Vol.65 No10 通巻950号

看護技術2019年9月号

がん治療中の「食」を支える!
栄養管理と食支援の実践
編集協力/千葉由美(横浜市立大学大学院医学研究科看護学専攻 教授)
口腔アセスメントガイド(OAG)を活用した
がん患者の口腔ケア
編集協力/村松真澄 (札幌市立大学看護学部 准教授)
B5判/104頁/定価1,430円(本体1,300円+税10%)
401090


●説明
第1特集

がん治療中の「食」を支える!
 栄養管理と食支援の実践

  編集協力/千葉由美(横浜市立大学大学院医学研究科看護学専攻 教授)

 がん治療の副作用による食欲不振や,がんによる代謝の変化により,がん患者の多くに体重(筋肉量)減少が起こる.体重減少は日常生活に影響を及ぼし,治療の継続可否や効果,副作用の程度にも影響し,悪循環を生じる.防止策として,栄養・食事状況のアセスメント,食事の妨げとなる症状への対応,食事が不十分な場合の栄養投与などが必須である.
 本特集では,がん患者のQOLを保つ・高めるための食事・栄養に関する支援のポイントとして,栄養状態のアセスメント,栄養投与経路の選択と経口摂取再開の支援,食事に関連する症状への対応,術後の摂食嚥下リハと食支援について解説する.

第2特集

口腔アセスメントガイド(OAG)を活用した
 がん患者の口腔ケア

  編集協力/村松真澄 (札幌市立大学看護学部 准教授)

 口腔ケアは患者の口腔内の環境維持だけでなく,全身状態やQOL向上のために重要なケアの1つにもかかわらず,アセスメント方法や手技が標準化されておらず,看護師一人ひとりの判断に委ねられがちである.
 そこで本特集では,看護師が簡便に使用できる口腔アセスメントツールであるEilers口腔アセスメントガイド(OAG)の活用方法の解説と,実際に活用しながら口腔ケアを行った実践について具体的に紹介する.
●目次
第1特集

がん治療中の「食」を支える!
 栄養管理と食支援の実践

     編集協力/千葉由美

Part1 がん患者の食事と栄養
     丸山道生

Part2 食事・栄養に関するアセスメント
  @食事摂取・栄養状態のアセスメント
   :低栄養の新たな診断基準GLIM criteriaを中心に

     臼井正信,東口志

  A摂食嚥下機能のアセスメントのポイント
     三鬼達人

  B口腔状態のアセスメントのポイント
     三鬼達人,千葉由美

Part3 栄養投与経路の選択と経口摂取への支援
     丸山道生

Part4 がん化学療法・放射線治療の有害事象対策
  @食欲不振,悪心・嘔吐
     三澤 昇

  A口腔粘膜炎・口腔乾燥
     秦 浩信,大場由貴

  B味覚・嗅覚の変化
     秦 浩信,大場由貴

Part5 がん種別 術後の摂食嚥下リハビリテーションと食支援
  @頭頸部がん
     大橋伸英

  A食道がん
     大橋伸英

  B胃がん
     大橋伸英,雁部弘美

  C大腸がん
     大橋伸英,雁部弘美

第2特集

口腔アセスメントガイド(OAG)を活用した
 がん患者の口腔ケア

     編集協力/村松真澄

Part1 口腔内の状態を適切にアセスメントするためのOAGの活用
     村松真澄

Part2 化学療法・放射線治療患者の口腔ケア
     宮ア留美子

連 載

スキンケア用品の正しい選び方・使い方
血糖コントロール目的で入院してきた認知症を既往にもつC氏
  中川由季,山本 潤

患者の“食べたい”を支えるテクニック
摂食嚥下機能の評価
 :早期経口摂取への評価点に応じたケアの工夫

  金 志純

予期せぬ急変の徴候を見逃さない
Rapid Response Systemで急変を防ぐ
 :循環【知識編】

  古澤圭壱

インシデントから学ぶ 日常ケアに潜む落とし穴
食物誤嚥による窒息
  堤 美江

疾患を限定しない緩和ケア
交通外傷直後の不眠患者への緩和ケア
 :症状マネジメントと意思決定支援の後方支援としての役割

  千葉恵子

看護現場での倫理的ジレンマに向き合うための考え方
終末期医療における倫理的課題と対応
  西田三十一
●その他
【次号予告】
 2019年10月号は2019年9月20日発売!

第1特集

認知症高齢者の糖尿病療養支援
  編集協力/荒木 厚(東京都健康長寿医療センター副院長・内科総括部長(糖尿病・代謝・内分泌内科))

 高齢化が加速するわが国では,糖尿病患者の高齢化とそれに伴う様々な症状へのケアが喫緊の課題となっている.なかでも,最近の研究から糖尿病と密接な病理・病態学的関連が認められる認知症を,糖尿病の合併症,あるいは糖尿病性認知症としてとらえ,いかに患者の状態を評価しケアしていくかが模索されている.
 本特集では,糖尿病を患う認知症高齢者への療養支援について,症状の特徴や支援,血糖コントロール設定の意義と方法を概説したうえで,療養支援を行っていくためのノウハウを具体的な実践を交えながら解説する.

第2特集

看護師が知っておきたい
 高齢者の糖尿病とサルコペニア肥満のポイント

  執筆/杉本 研(大阪大学大学院医学系研究科 老年・総合内科学 講師)

 運動不足による筋肉の衰えによるサルコペニア・フレイルが,糖尿病と相互に影響しあうことで血糖コントロールを困難に
し,高血圧やADLの著しい低下が生じることが明らかになってきている.
 本特集では,近年注目されている「サルコペニア肥満」に代表されるサルコペニア・フレイルと糖尿病との関連性について解説し,看護師が臨床の現場で押さえておくべきポイントについて,ガイドラインを含めた近年の動向も踏まえながら紹介する.


2019年4月臨時増刊号 好評発売中!!
特集 家族ケアの“困った場面” 解決法
   システムズアプローチの理解と活用


2018年10月臨時増刊号 好評発売中!!
特集 早期から始める心不全のトータルケア
   長期の療養を支え,最期までQOLを維持するための看護


2018年4月臨時増刊号 好評発売中!!
特集 医科歯科連携で取り組むオーラルマネジメント
   一歩進んだケア技術と効果的な連携のポイント


看護管理者・看護教育者のための総合誌「看護展望」も好評発売中!!


≪『看護技術』を年間定期購読しませんか?≫
小社ホームページからお申し込みいただくと,送料無料でご自宅までお届けいたします! 

『看護技術』年間定期購読のご案内