看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護技術2018年12月号

『月刊雑誌』2018年12月号
Vol.64 No14 通巻940号

看護技術2018年12月号

何気ないケアがアウトブレイクを引き起こす! 感染性胃腸炎対策の落とし穴
編集協力/四宮 聡(箕面市立病院 感染制御部 副部長,感染管理認定看護師)
病院における災害時の感染対策
編集協力/三橋睦子(久留米大学医学部看護学科 教授)
B5判/96頁/定価1,296円(本体1,200円+税8%)
401120


●説明
第1特集

何気ないケアがアウトブレイクを引き起こす!
 感染性胃腸炎対策の落とし穴

  編集協力/四宮 聡(箕面市立病院 感染制御部 副部長,感染管理認定看護師)

 毎年ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が流行し,社会問題となる.流行する季節には,数多くの感染性胃腸炎患者をケアしつつ,感染の拡大を防ぐ対策を講じることが重要な課題となるが,これらの病原微生物は感染力が強く,感染経路もそれぞれ異なるため,多くの医療機関では対応に難渋している.
 本特集では,まず感染性胃腸炎の原因微生物の種類や診断基準などの知識を解説するとともに,日常のケア場面における感染対策の落とし穴と,感染拡大を予防するポイント,アウトブレイク発生時の組織的な対応について紹介する.

第2特集

病院における災害時の感染対策
  編集協力/三橋睦子(久留米大学医学部看護学科 教授)

 西日本における豪雨や北海道における地震,度重なる台風など,2018年の日本では多くの自然災害が起こった.災害時には,避難所での集団生活や屋外での長時間の作業などにより,様々な感染症が流行する.医療機関においても,人員や物品の不足や検査機器の故障などにより,平常時同様の感染対策が行えなくなる場合も多いため,災害時に何が起こるかを予測し,備えておくことが必要である.
 本特集では,災害時に流行する感染症の特徴や,被災地での感染対策において看護師ができることを概説するとともに,断水で手指衛生が行えない,物品が足りない,検査ができないなど,災害時に病院内で起こり得るトラブルに対して事前にできる準備や,発生時の対応のポイントについて,災害看護と感染看護,それぞれの視点から解説する.
●目次
何気ないケアがアウトブレイクを引き起こす! 感染性胃腸炎対策の落とし穴

Part1 感染性胃腸炎を理解する:病態と診断,今後の流行
     砂川富正

Part2 病原微生物の基礎知識
     大石貴幸

Part3 早期に感染に気づく 感染徴候のアセスメント
     橋本 渚

Part4 場面別 感染対策の落とし穴
  @病室の入退室
     谷あかね

  A糞便・吐物の処理
     兵 明子

  B物品の管理
     四宮 聡

  C外来での問診
     村上 聡

  D消毒薬の管理と注意点
     山路加奈

Part5 事例で学ぶ 感染性胃腸炎対策
  @院内でのアウトブレイク事例
     中谷佳子

  A地域でのアウトブレイク事例
     岡森景子

第2特集

病院における災害時の感染対策
 
Part1 災害と感染症:被災地における看護師の役割と実際
     三橋睦子

Part2 災害時に院内で起こり得るトラブルと備え・対応
     岡ア敦子

Part3 災害時の感染対策:平常時から行う事前の準備
     三浦美穂

連 載

意外に知られていない高齢者の事故(最終回)
高齢者の事故予防はケアの質の向上によって実現する
  酒井郁子

臨床現場の“気になる家族”を効果的に支援しよう!!(最終回)
終末期の母を怒鳴る思春期の娘:家族ライフサイクルを理解し支援する
  児玉久仁子

アウトブレイク事例から学ぶ感染予防対策(最終回)
看護師はもっと,もっと,患者接触前に手指衛生を!!
  崎浜智子

看護師の語りから見いだす 看取りのエッセンス
患者の最期の希望を引き出し支えた看取り:治療期からのエンパワーメント
  永石恵美

認定看護分野Q&A(最終回)
摂食・嚥下障害看護編
  永野彩乃

認知症看護編
  梅原里実

緩和ケア編
  筑後幸惠
●その他
【次号予告】
 2019年1月号は2018年12月20日発売!

第1特集

術後患者の「痛み」をとらえる!
 術後疼痛の観察とアセスメント

  編集協力/遠藤みどり(山梨県立大学看護学部 教授)

 痛みを適切に管理することは術後患者の管理において大変重要であるが,痛みは主観的な感覚であり,患者によって感じ方やその影響は異なるため,医療者中心で画一的に管理することは難しい.このことから,患者の感じている痛みを的確にとらえ,治療・ケアに反映していくこと,つまり患者中心の術後疼痛管理を行うことが必要である.
 本特集では,患者中心の術後疼痛管理における看護師の役割や,痛みのアセスメントとケアのポイント,具体的なケア事例を紹介する.


第2特集

“快適”な起床を早期回復につなげる
 術後患者のモーニングケア

  執筆/大橋久美子(姫路獨協大学看護学部 准教授)

 術後急性期の患者,特に高齢者は,慣れない入院環境や術中の麻酔の影響,疼痛などの術後の症状などにより,睡眠-覚醒のリズムが崩れる.この生活リズムの崩れは術後管理に悪影響を及ぼすものであり,生活リズムを整える支援は,術後患者の生活をみる看護師の重要な役割である.
 本特集では,生活リズムを整えるために有効なモーニングケア(起床時のケア)の概要と効果,具体的な方法について解説する.


2018年10月臨時増刊号 好評発売中!!
特集 早期から始める心不全のトータルケア
   長期の療養を支え,最期までQOLを維持するための看護


2018年4月臨時増刊号 好評発売中!!
特集 医科歯科連携で取り組むオーラルマネジメント
   一歩進んだケア技術と効果的な連携のポイント


2017年10月臨時増刊号 好評発売中!!
特集 退院後の生活を見据えた高齢者ケア
   包括的アセスメントと健康障害へのアプローチ


看護管理者・看護教育者のための総合誌「看護展望」も好評発売中!!