看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

雑誌

看護展望2018年8月号

『月刊雑誌』2018年8月号
Vol.43 No10 通巻541号

看護展望2018年8月号

病院と訪問看護ステーションの連携を一歩進める
患者本位の退院指導ができるために
B5判/88頁/定価1,512円(本体1,400円+税8%)
402080


●説明
特 集

病院と訪問看護ステーションの連携を一歩進める
 患者本位の退院指導ができるために


病院と訪問看護ステーション間の連携は看看連携ともよばれ、これまで以上の推進が求められています。しかし、実際のところ、病院の地域連携担当者や訪問看護管理者からは「うまく連携できていない」という多数の声が聞こえてきます。本特集では、病院と訪問看護ステーション間の連携を妨げていた課題を解決した事例から、理想の看看連携のために必要なことは何かを探っていきます。
●目次
Interview

将来に向けて、どんな領域にも対応できるように
 「看護のエンジン」を大きく成長させる

  小坂晶巳 社会医療法人財団慈泉会 相澤病院

特  集

病院と訪問看護ステーションの連携を一歩進める
 
患者本位の退院指導ができるために
  編集/勝眞久美子

Part.1 鼎談
私たちが考える理想の看看連携に必要なこと
  向井すなえ、國枝敦子、勝眞久美子

Part.2 理想の看看連携を目指して解決した課題
軽度認知症高齢者の意思決定支援を病院看護師と訪問看護師が連携して行った一事例
 〜ACP実践のために〜

  山中賀代、柴田明日香、山田早苗、佐々木早苗

病棟から外来まで病院看護師全員に浸透する看看連携のしくみ構築
  井原詠子、大石文乃

病棟看護師の退院後訪問指導に訪問看護師が同行し、病棟から在宅へ
 患者をスムーズにつなぐ

  倉定美、櫻井エミ、小寺久美子

管 理

調査報告
日勤看護師の看護業務に関するタイムスタディの報告
  小阪佳代、雨師みよ子、齊藤せつ子、櫻井能武子

地域包括ケア病棟の今を探るE
急性期中心の脳神経疾患専門病院における地域包括ケア病棟の開設と運営
  田中美保子、大田章子

投稿
地域包括ケア病棟における自宅復帰支援チェックリストの作成と活用
 ―ICFコアセットを用いて―

  遠藤聡、内田奈津子、尾身諭、小磯寛、千田洸平、尾花正義

私が今、新人看護師長に戻れたならS
組織の課題に取り組む経験から問題解決力を養い、いつも機嫌の良いリーダーでいる
  市川幾恵

教 育

基礎からひもとくルーブリック@
ルーブリック評価の基本
  森田敏子、上田伊佐子

実践報告
小児看護学の講義方法について
 ―遊び道具の製作過程を通して発達段階を理解する―

  ア恵美子

 

topics
日看協「2018年度重点政策・重点事業」/ 実態のない急性期が約 3000 病棟・14% /
 訪問看護師の半数が、心身の暴力やセクハラを経験

  渡辺美佐緒

行政の動き
国会を大幅延長 重要法案を一気に可決 森友、加計疑惑は幕引き 焦点は自民党総裁選へ/
 群馬大学病院 安全向上へ 遺族参加型医療推進委員会
ほか
  水巻中正

ホリスティックナーシングG
癒しの環境
  荒川唱子

こころをみつめるBOOK GUIDE Vol.128
佐藤愛子『九十歳。何がめでたい』
  皆藤章
●その他
【次号予告】

『看護展望』2018年9月号は2018年8月25日発売!

特  集

組織で行うACP
 導入、運用、評価から地域住民の意識向上まで


ACPが大切なことは看護職を含め医療従事者はだれもが理解していますが、「患者さんや家族に対して何を行えばいいのかわからない」「どのような組織づくり、地域へのアプローチを求められているのかわからない」という悩みを抱えているのではないでしょうか?
そこで、今回の特集ではACPを組織ぐるみ、地域ぐるみで行っている全国各地の事例を取り上げ、ACPを行うために必要な組織・地域づくりについて考えていきます。

連 載

地域包括ケア病棟の今を探るF
  杉内美佐子 医療法人社団愛生会 昭和病院

基礎からひもとくルーブリックA
  森田敏子、上田伊佐子 徳島文理大学

ホリスティックナーシングH
  田中久美子 訪問看護ステーションなごみ

私が今、新人看護師長に戻れたなら㉑
  高橋弘枝 大阪府看護協会

豊かな看護教育を創る
 授業デザイン・授業リフレクションの実際@

  前田久恵 上尾市医師会上尾看護専門学校