看護を中心に医療・保健・介護福祉の発展を支え続ける専門出版社

書籍

基礎看護技術2

新体系 看護学全書 
専門分野T 基礎看護学

基礎看護技術2

編集/深井喜代子 岡山大学大学院保健学研究科教授

B5判/432頁/定価3,456円(本体3,200円+税8%)
ISBN:978-4-8392-3322-8
第4版/2017年 12月


●説明
立ち読み ←こちらをクリックすると商品の一部を閲覧できます


●「ストーマケア」「末梢循環促進の援助」の2 項目を追加し、より充実した内容としました。
●各章に「アセスメントのポイント」という見出しを立て、ケアに移行する前に確認すべき点について改めて整理しました。

●執筆者●(執筆順)
池田 理恵 岡山県立大学保健福祉学部看護学科准教授
西田 直子 京都学園大学健康医療学部看護学科教授
大倉 美穂 岡山大学医学部保健学科非常勤講師
中村 晴美 岡山大学病院看護部
岩脇 陽子 京都府立医科大学医学部看護学科教授
岡田 淳子 県立広島大学保健福祉学部看護学科教授
肥後すみ子 群馬県立県民健康科学大学看護学部教授
三宅 麻希 岡山大学病院看護部
徳永なみじ 愛媛県立医療技術大学保健科学部講師
赤松 公子 愛媛大学大学院医学系研究科准教授
阪本みどり 川崎医療短期大学看護科准教授

新たに「看護技術動画」を追加しました!
 本書の編者である深井喜代子先生監修のもと、学生の学びを補完する「看護技術動画」を新たに制作しました。動画の手順は教科書の内容に沿っているため、教科書で知識を学び、動画で実際の手順や動きを容易に確認することができます。ぜひ、ご活用ください。

動画項目(予定)
『基礎看護技術T』
 ○ヘルスアセスメント(第2編第1章)

『基礎看護技術U』
 ○ベッドメーキング(第4編第1章)
  •オープンベッド
  •クローズドベッド
 ○一時的導尿(第4編第3章)
 ○口腔ケア(第4編第5章)
 ○一時的吸引(第5編第1章)
 ○注射法(第5編第3章)
  •皮下注射
  •皮内注射
  •点滴静脈内注射
など
●目次
【第4編】 日常生活の援助技術

第1章 環境を整える技術
 T 環境の諸要素とその調整
 U 病室と病床の環境調整

第2章 食生活と栄養摂取の援助技術
 T 食事・栄養摂取の意義としくみ
 U 食事・栄養摂取のアセスメント
 V 患者への食事の援助
 W 経腸栄養(経管栄養,胃瘻栄養)
 X 中心静脈栄養
 Y 末梢静脈栄養

第3章 排泄の援助技術
 T 排泄の意義としくみ
 U 排泄のアセスメント
 V 排泄の援助
  A トイレを使用した排泄の援助
  B ポータブルトイレを使用した排泄の援助
  C 差し込み便器を使用したベッド上での排便の援助
  D 尿器を使用したベッド上での排尿の援助
  E おむつ交換
 W 排便障害のある患者の援助
 X 排尿障害のある患者の援助
 Y 排泄に関する処置
  A 浣腸
  B 摘便
  C ストーマケア
  D 一時的導尿
  E 持続的導尿(留置カテーテル法)

第4章 活動・休息の援助技術
 T 活動と休息
 U 活動のアセスメント
 V 運動機能の維持・回復のための援助
 W 運動機能の低下した人の援助
 X 安静保持の援助
 Y 睡眠の援助

第5章 清潔・衣生活の援助技術
 T 清潔の意義
 U 入浴
 V 手浴
 W 足浴
 X 陰部洗浄
 Y 全身清拭
 Z 洗髪
 [ 口腔ケア
 \ 整容
 ] 衣生活(寝衣交換)

【第5編】 診療に伴う技術

第1章 呼吸・循環を整える技術
 T 呼吸の意義とアセスメント
 U 呼吸を楽にする姿勢・呼吸法
 V 気道分泌物の排出の援助
 W 酸素吸入療法
 X 胸腔ドレナージ
 Y 人工呼吸療法
 Z 末梢循環促進の援助
 [ 体温管理・保温の援助

第2章 創傷管理技術
 T 創傷管理の基礎知識
 U 創傷の観察
 V 創傷の処置
  A ドレッシング材
  B 包帯
  C 創傷処置の方法
 W 褥瘡の予防
  A 褥瘡発生のしくみ・好発部位
  B 褥瘡の予防
  C 褥瘡の評価と処置

第3章 与薬・輸血の技術
 T 与薬に関する基礎知識
  A 薬物療法の理解
  B 薬物療法における看護師の役割
  C 薬物療法を受ける患者の援助
 U 経口与薬法
 V 外用薬の皮膚・粘膜適用
  A 口腔内与薬法
  B 直腸内与薬法
  C 皮膚用製剤の塗布,貼付
  D 点眼・点入法
  E 吸入法
 W 注射法
  A 注射法の基礎知識
  B 皮下注射
  C 皮内注射
  D 筋肉内注射
  E 静脈内注射
  F 点滴静脈内注射
  G 輸液ポンプの操作
 X 輸血療法
  A 輸血療法の基礎知識
  B 輸血療法の方法

第4章 検査に伴う看護技術
 T 検査に伴う看護の役割
 U 排泄物の検査
 V 体液・組織の検査
 W 生体検査
 X 洗 浄

第5章 救命救急処置技術
 T 救命救急処置の意義と目的
 U 救急蘇生法
  A 心肺蘇生とは
  B 心肺蘇生とAEDを用いた除細動
 V 止血法